食品衛生責任者について

食品衛生責任者

食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準及び営業施設の基準を定める条例第2条の衛生管理運営基準により食品衛生責任者の設置として「営業者は、食品の製造、加工、調理、販売等を衛生的に管理させるため、その施設ごとに、従事者のうちから食品衛生責任者を定め、その氏名を作業場内に啓示すること。」とされています。

食品衛生責任者の役割

食品衛生責任者は、営業者の指示に従い食品衛生上の管理運営にあたるものとなっています。

  • 食品衛生上の危害の発生を防止するための措置が必要な場合は、営業者に対して改善を進言し、その促進を図らなければばらない。
  • 法令の改廃に等に留意し、違反行為のないように努めなければならない。
  • 食品衛生に係わる講習会を定期的に受講し、常に食品衛生に関する新しい知見の習得に努めなくてはならない。最低、許可更新時の実務講習会の受講が必要です。
  • 製造、加工、調理、販売等が衛生的に行われるよう、従事者に対し、食品衛生上必要な事項に関する衛生教育を実施しなくてはならない。
  • 従事者への衛生教育を必要に応じて実施しなくてはならない。

食品衛生責任者資格とは

  • 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、と畜場法に規定する衛生管理責任者若しくは作業衛生責任者、船舶料理士、食品衛生管理者(注1)の有資格者。
  • 知事の指定した食品衛生責任者を養成する講習会の受講修了者。
  • 他の都道府県で食品衛生責任者を養成するための講習会の課程を終了し、資格を有するもの。上記、(1)1,2,3の資格をお持ちの方は食品衛生責任者になれます。1,3以外で2の講習会の受講修了者を受けていない方は、(2)養成講習会を受講して、資格を取得しなければなりません。

当協会では大分県知事の指定を受けて、養成講習会を実施しております。受講される方は、次の「受講要領」をお読みのうえ申し込み下さい。 なお、平成9年4月1日より全国標準化に伴い大分県以外の都道府県で受講されても、講習時間・内容・資格は同一です。

  • (注1)医師・獣医師・歯科医師・薬剤師または、学校教育法に基づく大学で、医学・歯学・薬学・獣医学・畜産学・水産学・農芸化学の課程を修めて卒業した者等。

各種資格・講習のご案内MENU